FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



Exifデータ
A7infoの画面
ハヤブサの瞳付近にフォーカス枠が赤枠(色は設定で変更可能)で表示されています
2020072210574217_convert_20200722110855.jpg


皆さんが撮影されているでじかめデジタルカメラには、画像ファイルと共にExif(イグジフまたはエグジフ)という情報が付加されています。
現像時やパソコンのエクスプローラで画像を見たとき、カメラの機種やレンズ、撮影日時、SS、F値、ISO値などが表示されます。
それらのデータがこのExifデータに入っているのです。
しかし、皆さんが確認できるExifデータはほんの一部。
Exifデータには、
その時のカメラ情報(バッテリー残量、バッテリー温度、周りの気温、等)
レンズ情報(種類、焦点距離、マウント情報、撮影距離、等)
AF情報(MODE、AFエリアセッティング、AFエリアモード、フォーカス位置、等)
など様々なデータが数値化や暗号化されて入っています。
それ見たい!!

そう思っていろいろなExifリーダなるものをいくつか探しましたが、これといったものは見つかりませんでした。
しかし、今回F.Bでこんなのが紹介されていました。
その名は”A7info”。

このソフトで画像を確認すると、何と撮影時のAFエリア情報やAFポイントが表示され、
何処にピントを合わせたかがビジュアルに見ることが出来ます。
Lock-onAFで動作しているとか、animal_eye_Trackingとかの情報が見れます。
カメラ任せに撮影されているあなた(私もその一人です)!
このExifビュアーで、カメラのAFが画面のどこで捉えているのか、撮影時のAFモードは何だったのか、
いろいろ確認できいい反省材料になります。
但し、このソフトはソニーのαシリーズのA7II, A7SII, A7RII, A7RIII, A7RIII, A7RIII, A7RIV, A9及びA9M2.
だけ使えるソフトです。

これは、ドイツの方が作られたソフトでドイツ語のPDFの説明がありますが、
実際ダウンロードして実行すると英語表記です。
これは、署名無きソフトでWin10などは危険なソフトとして注意されます。
私はダウンロードして解凍して使っていますが、危険なソフトとは思えません。
もし、これを見られたソニーファンの方https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=1019#で興味がある方は、あくまでも個人責任でダウンロードしてお使いください。
ダウンロード先はここをクリック⇒”A7info”

上のA7infoの画面のAF枠の拡大写真です
ハヤブサの瞳を動物瞳AFで捉えたカットです。
2020072211035685_convert_20200722110928.jpg

動物の瞳AFが働いたカットの実際のExifデータです
2020071914291399.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コロナ騒動の中カメラ用ストラップをオーダー
Luma QD Loop 3.5
Luma200421-6815_convert_20200423110624.jpg

カメラ用ストラップを購入しました。

3月17日、よさそうなカメラ用ストラップを米国から購入しました。
それは、Luma-labs.comという会社の商品です。
肩パッドが本革で、QDスイベルがアルミで出来ており、珍しい形なので購入を決めました。

しかし、待てど暮らせど物が届きません。
送付メールは来ましたが、その中の追跡用トラッキング#が記載されていません。
米国からの郵便でも10日あれば届くだろうと、思っていましたが、
この4月に入ってもまだ来ません。

そこで、メールで問い合わせると、
『このコロナ騒動で商品が作れなくて会社もクローズしているとのこと。
今、旧バージョンの商品が一つあるのでそれを送る。
新しい部品が出来次第その部品を送るので自分で交換してほしい』と、
メールが返ってきた。
そのメールにも追跡トラッキング#の記載がありません。
至急トラッキング#を教えてメールを出すも、返事なし。
2週間たっても送ってこないので、もうキャンセルして返金するようメールしたが音沙汰無し。
20日、突然国際郵便で送られてきたのが上の商品でした。

米国では、このコロナウイルスで全てがシャットダウンしています。
それだけ緊迫しているのでしょう。
日本も、米国のような大規模なパンデミックにならないよう、
一人一人が注意して行動しましょう。

オーダーするタイミングが悪かったが、無事商品が届いて一安心でした。

ストラップの幅がちょっと細めなので、ストラップを自分で交換しました。

Luma改造200423-6817_convert_20200423110511

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


撮影スタイルの変化
手持ち撮影が多くなりました
(友人のHさん撮影)


昨年から、撮影カメラをCanonからSonyに替え、今年はレンズも軽い200-600mmを購入しました。
それにより、三脚撮影から手持ち撮影が多くなり撮影スタイルが変化しました。
手持ち撮影も以前から行ってはいました。
もちろん、必要なら三脚も使います。
しかし、歳と共に無理は出来ず重いカメラやレンズを振り回すには限界と、
カメラ機材の軽量化を考えました。

そして、カメラ本体とレンズの三脚装着に以前はマンフロット357というクイックスライダーを使っていましたが、
全てアルカスイス互換マウントに変更しました。
その為、レンズの三脚座やカメラのクイックスライダーも、
RRS(ReallyRightStuff)という米国のメーカーの三脚座に交換しました。
その際、そのアルカスイス互換三脚座に一つの大きな穴が開いているのに気づき、その穴は何ぞやと調べました。
それは、米国マグプル(Magpul)社製の銃器用スリングを取り付けるQDスイベル(Quick-Detach)用の穴なのです。
穴をよく見ると、内部には溝が掘ってあります。
このような物で、重いレンズを吊り下げて外れないか心配になります。
しかし、米国の兵士などはレンズ機材以上の重さの銃器を下げています。
もし、それが外れ落下するとなると、銃が暴発し重大な事故となります。
(米国マグプル(Magpul)社製QDスイベルは450ポンド/約200kgの耐荷重があります)
この米国マグプル(Magpul)社製QDスイベルは、NASAや軍用に認可されているのですから
不用意には抜けないだろうと私も導入することにしました。

物が米国から到着し、実際使ってみると絶対に不用意には外れない優れたものと確信しました。
三脚装着時には、QDスイベルのボタンを押すと内部のボールが溝から外れマウントから抜ける構造です。
それで邪魔なストラップを取り外し三脚に装着できます。

*このQDスイベルはエアーガンの趣味の世界では知らない人はいません。
アマゾン等でもいろいろなメーカーのQDスイベルが販売されています。
その為、中には粗悪品もあり品質が劣るものもあります。
よって、このパーツの導入は当方が保証するものではなくあくまでも自己責任でお願いします。


FE200-600mm用レンズ三脚座;RRSのリンク
                   ヨドバシカメラのリンク

D-Loop QD Storap Swivel;RRSのリンク
                  ヨドバシカメラのリンク

たすき掛けストラップでA9+FE200-600mmをぶら下げての撮影スタイルです
191017-6298_convert_20191030153920.jpg

D Loop QD Strap Swivel(RRS社製)
小さなボールベアリングが溝に入りしっかりホールドするのです
D_Loop_QD_ストラップスイベルl191104-6375_convert_20191104130831

FE200-600mm用三脚座(LCF-102/RRS社製)のQD (Quick-Detach)用の穴にQDスイベルをはめ込みます
QDスイベル190929-6204_convert_20191030153839

A7Ⅲ用モジュラープレート(RRS社製)にQDスイベルをはめ込んだ状態
191104-6370_convert_20191104132931.jpg


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


ローアングル撮影用三脚
最低高38cmのローアングル三脚


ローアングル用の三脚は市販の物がありますが、
手持ちの三脚を改造して作ってみることにしました。

普通のカメラ用三脚は短くするのが難しい為、ビデオ用の三脚を改造することにしました。
以前友人のMさんから、もう使いわないからと頂いた三脚を引っ張り出して思案しました。
このビデオ用三脚は、ダブルシャンク式といって細いパイプで構成されており、
ねじれに強く作られております。
そのパイプを短くするだけで出来そうな感じでした。

まず分解は出来るか?
短くして強度は保てるか?

一応、何処まで分解できるかやってみることにしました。
足はアルミのパイプ、それを受けるの部品はエンジニアプラスチックです。
その結像部にはキーピンが打ってありパイプ抜けを防いであります。
そのピンをどうやって外すかが時間かかりました。

ようやく、分解でき後は各パイプを同じ長さにカットしていくだけです。
家にはパイプカッターなる便利なものがあり難なくカット出来ました。
そして組み立て、キーピンの入る穴を再度あけなおし、ピンを打ち込み完成です。

完成してから気がついてのですが、
この三脚には足を開いた時の強度を保つためミッドスプレッサーなるものがついています。
それが運台のハーフボールの調整するハンドルに当たりたたむことが出来ません。
ちょっと考えましたが、そのハーフボールハンドルを緩め、斜めにすることでスプレッダーが当たらず、
折りたたむことが出来ました。

使うかどうかわからないローアングル用三脚ですが一応完成です。
構想から10日間、満足度90%の改造作業でした。

改造前と改造後のDST-73
191025-1_convert_20191025170841.jpg

三脚分解
191024-6348_convert_20191025171648.jpg

しっかりしたローアングル三脚の完成です
191024-6352_convert_20191025170752.jpg

折りたたんだ状態
191025-6363_convert_20191025171118.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN FE レンズ
Sony α7Ⅲ+SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN FE


いよいよ待ちに待った”ラグビーワールドカップ2019”が昨夜開幕しました。
強くなった日本チームの活躍に期待したいですね。

先日のアカソバと天の川撮影で使用したレンズは、SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN という広角ズームです。
このレンズは、8月23日発売の最新のソニーαマウントの広角ズームレンズです。

Sony純正もいいが、このところのSIGMAのレンズは純正に引けを取らない性能です。
SIGAMが”星景写真用レンズの決定版”と歌っている以上、高品質なレンズだと期待してました。
今まで、星撮り用レンズはCanon用のTAMRON SP15-30mm F2.8を使ってきました。
このレンズも、星撮用には定評があります。
しかし、大きい、重いがちょっといただけない点でした。
今回のSIGMA 14-24mm F2.8 DG DN FEは大きさも小さく、重さも20%以上軽くなり比較的コンパクトに作られています。

8月23日の発売日に手に入れましたが、
西日本の秋雨前線の停滞とかで、なかなか星撮りに行けなくて評価できない日が続きました。
そして、9月19日やっとこのレンズが使える日がやって来ました。

その性能は・・・
描写力は中央はもちろん周辺部まで高い描写力です。
驚いたのは、広角レンズではなかなか補正できない周辺部のコマ収差ですが、
このレンズは見事に補正されています。
このコマ収差は、画面の周辺部に現れ星などの点光源が三角形のようないびつな形になる収差です。
以前使っていたTAMROMのレンズも思いっきり出ていました。
しかし、今回のSIGMAのレンズは皆無と言っていいほど綺麗に補正され、
色収差はもちろん各収差も抑えられた素晴らしいズームレンズでした。
これからの、星野写真や風景写真で活躍するでしょう。

  *今回撮影した天の川の画像はLEEのソフトフィルターNo3を入れて撮影したため、
    各星に若干のにじみが出ていますが、それは色収差のにじみではなくソフトフィルターのにじみです。

以前使っていたTAMRON SP15-30mm F2.8 (右側)とSIGMA 14-24mm F2.8 DG DN FE(左側)
SIGMA14-24mm_vs_TAMRON_SP15-30190824-6083_convert_20190920131828.jpg

TAMRON SP15-30mm F2.8で撮影した天の川
2019/5/15撮影
TAMRON_SP15-30mm180515-9429_convert_20190920130614.jpg

上の写真の右上隅100%拡大画像
*レンズの収差で星が三角形になっています
TAMRON_SP15-30mm_コマ収差180515-_convert_20190920130629

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN FEで撮影した天の川
2019/9/19撮影
SIGMA14-24mm190919-712142_convert_20190920131941.jpg

上の写真の右上隅100%拡大画像
*TAMRONのようなコマ収差は見られません
SIGMA14-24mm 右上隅190919-_convert_20190920131840

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真