FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



異様な春の宮島
全く人気のない厳島神社


この自粛規制のご時世ですが、近場の宮島へ桜を求め行って来ました。

まず驚いたのは、フェリーの乗客の少なさ。
船内は、宮島で働いている方や工事関係者のみで観光客は見当たりません。
5人掛けの座席に一人づつ腰を掛け、いわゆる”ソーシャルディスタンス”状態の船室でした。
宮島に到着すると、例年この桜のシーズンでは観光客が厳島神社方向に結構歩いておられるのですが、
鹿が数匹いただけで全く人影がありません。

厳島神社にカメラを向け、人が入らなかったことは今までありません。
しかし、この日は人っ子一人いませんでした。
このような光景はもう二度と見られないでしょう。

一通り撮影し、帰り道は決まって混雑した土産物が並ぶ商店街を歩いて帰ります。
何と、この土産物の店が並ぶ商店街に人が居ません。
何処のお店でも、従業員の姿だけの異様な光景でした。

結局、例年あれほど外国人の観光客で賑わっていた宮島ですが、この日出会った外国人はゼロ。
日本人の観光客も数名にすぎません。
観光で成り立っている宮島は商売あがったりです。
一日でも早く、このコロナ騒動の終息を願います。

A7Ⅲ+Sigma 24-70mm f / 2.8 DG DN
A7Ⅲ+Sony FE 100-400mm f / 4.5-5.6 GM

桜満開の多宝塔
5639E200407-_convert_20200409143618.jpg

五重ノ塔
5923E200407-_convert_20200409143648.jpg

土産物のお店が並ぶ商店街の光景
(AM11:05撮影)
200407-715941_convert_20200409144253.jpg

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真


今年初の天の川撮影
丘の上に立ち上がるミルキーウエイ


この日しかない!
月きが沈み薄明までの約40分の撮影チャンスです。

先日、今年初の天の川撮影に出かけました。
その撮影時間は、月が沈むAM3:30~夜が明けの薄明までの約一時間がチャンスでした。

それに選んだ撮影ポイントはこの巨大な六本ポプラです。
ここを通るたびに、『この背景に天の川が立ち上がる!』。
そのシーンを思い浮かべながら車を走らせていました。
そして、その日がやって来ました。

この日は、晴天でもあり月明かりがなかなかとれず、天の川が薄く感じました。
新月の時、再度挑戦することで、次の峠付近の撮影に向かいました。

そこは光害も少なく、久しぶりに綺麗な星空が目の前に広がります。
天の川も肉眼でもはっきり見えてきました。

天の川の下には一際明るく輝く木星が現れその近くに土星、それに続き火星が現れるという
珍しい光景を見ることが出来ました。

それに、もう一つなかなか見れない光景を見ることが出来ました。
薄明の時間が近づいて来た時です。
なんと、天の川が夜と朝の境目に立ち上がっているではありませんか。
感動の瞬間でした。

A7Ⅲ+Sigma14-24mm f / 2.8 DG DN+LeeSoft#3フィルター

六本ポプラの天の川
200404-2_convert_20200406135759.jpg

夜と黎明を分ける天の川
中央左下大きな星は木星、その斜め左に土星、その斜め左に火星が並ぶ
5557E200404-_convert_20200406140033.jpg


テーマ:星の写真 - ジャンル:写真


ハヤブサ
ハヤブサ


早いものでもう令和2年も4月を迎えました。
新コロナウイルスもなかなか収束する気配もなく、今後どのようになるのかが心配ですね。
各自一人一人の自粛行動が、収束のカギになります。

さて、大好きなハヤブサ達も繁殖に入りました。
上手くいけば、今月の後半にはひなが誕生するでしょう。

最近、少しですがハヤブサの飛びものを撮る機会があり、
我が愛機ソニポンA9の本領を感じる撮影が出来ました。

追記;本日よりFaceBookなるもの始めました。
     どこまで続くかはわかりませんがそちらもご覧ください。
     

200324-_convert_20200401133642.jpg

5909E200324-_convert_20200401133728.jpg

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


八幡高原の朝霧
千町原を包み込む朝霧


空が白みかけ、見えていた星が徐々に消えて行く時間になりました。
朝霧も徐々に出てきました。
よし、次はおーいの丘にあがろう。

一面イノシシが耕した丘の際をカメラと三脚を持って上ります。
空は雲一つない快晴です。
この時間、マジックアワーの中のゴールデンアワーと言われる時間帯になってきました。
西の方角を望むと、聖湖の向こうには、少し黄色味が強いですが薄っすらと”ビーナスベルト”と言われる帯も見えます。
日の出までもう少し時間があるが、急いで撮影ポイントに行かなきゃ。
焦る気持ちと、体力の低下をひしひしと感じます。

このおーいの丘と呼ばれる場所には一本の木立と2つのベンチがあります。
その場所が点景には持って来いの場所なのです。
撮影中、遠くにキツネの姿がありました。
残念ながら撮影できるレンズが手元にはありません。
自然を感じる瞬間でした。

この日の朝霧は、結構長い間濃くなったり薄くなったりといろいろな光景を見せてくれました。
すばらしい景色をありがとう!!

191123-714280_convert_20191126084731.jpg


191123-714328_convert_20191126084816.jpg


191123-714409_convert_20191126084850.jpg


テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真


千町原の薄明光景
朝霧とオリオン座


この前日、友人のMさんから電話で『夜明けの風景が綺麗で。明日は最高よ!』と連絡がありました。
それに写友であるmasaさんの秋の星空風景に刺激を受け、迷ったあげくそのフィールドに。

この日のお天気予報は快晴。
AM5:30現地到着。
気温0℃。
この時期、天の川も中心から外れあまり綺麗な銀河が望めません。
この時期の主役はオリオン座。
そのオリオン座が西の空に姿を隠そうとしています。
もう少しで空が白みかけてきます。
早々に撮影場所を探します。
この時間、カメラマンはまだ誰もいません。

暗い内に、地元で”お~いの丘”と呼ばれているところに上って行きたかったのですが、
丘の入り口から一面イノシシが耕したあとが・・・
ちょっと一人では恐ろしい。
悩んでいる暇はありません。
とりあえず道路端での撮影です。

撮影中、薄っすらと朝霧が出ていい雰囲気を作り出してくれました。
風もなく冷え切った高原が、このまま夜明を迎えれば朝霧ショーの始まりです。
果たして、どれほどの幻想的な光景を見ることが出来るでしょうか。

Sonyα7Ⅲ/Sigma14-24mm F2.8 DG DN+Lee-Soft#3

千町原の薄明
114206191123-_convert_20191124161739.jpg

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真