fc2ブログ

 見出しの写真はハヤブサ

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



Sony A-1 Inpression Part3
とっさに現れたカワウ。一発で顔にフォーカスしました
カワウ210324-104009

α-1の飛びものはどうか?

このカメラのAFのスピードは、今までのα-9と全く違います。
ファインダーに入れるや否や、瞬時に被写体を捉えます。
しかも、鳥認識が機能しているのか頭の部分に瞬時にフォーカスを合わせます。
AFの演算が、従来のα-9の60回/秒から倍の120回/秒と精度が上がった為と思います。
これほど被写体を一発で捉えてくれると、撮影していても気持ちがいいです。
しかも、そのピントの正確性にも驚かされるものがあります。
5000万画素という高画素の画質も一役買っているようですが、
今までのカメラのピント精度を上回るすごい精度で合致します。
ここ数年、αシリーズで飛びものの撮影をしましたが、そのフォーカス精度は
α-7Ⅲ➡α-9➡α-1と順当に進化しています。
欧米の方のF.B.で
このカメラを持つと、誰でも簡単に撮影できる魔法のカメラだ。
初心者にはこのカメラがいい!
と、書いてあった意味が解ります。

飛行中の鳥瞳フォーカスはどうかと言いますと、一回だけカワウのエメラルドの眼にフォーカスポイントが表示されただけで、
ほとんどの被写体の飛行状態での瞳フォーカスは作動しておりません。
但し、頭部にはフォーカスしているので、飛行中の鳥のフォーカスは問題なく合致てます。
鳥の止まっている時と、飛んでいる時の形の違いが大きく異なるためかもしれないですね。

ハヤブサやツバメなどの高速で飛ぶ飛びものをと狙っているのですが、なかなか思うように飛んでくれません。
また追々撮影出来れば紹介していきます。
お楽しみに

A1+FE200-600G

ミサゴの飛行
ミサゴ210401-100375

トビの背面
トビ210401-100467

ボラのジャンプもダブルで捉えました
ボラの複数ゲット210324-105063

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する