FC2ブログ

 今月の見出しの写真はハヤブサ(島根県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



2012佐賀インターナショナル・バルーンフェスタ
バルーンフェスタ121103-4089_convert_20121104182506

今回の話題は、佐賀県で開催された”2012佐賀インターナショナル・バルーンフェスタ”です。
一度は見たかった光景。青空に次々と浮かぶ巨大なバルーン。それを目的にいざ佐賀県に。

11月3日、ここ嘉瀬川河川敷は天候にも恵まれ朝から快晴。
am6:40東の空から朝陽が顔を出す。
広い会場は、早朝から多くの来場者であふれ返りました。
次々と登場するワゴン車。その各々が会場の所定場所で積んでいたバルーンを降ろす。
バスケットにバーナがついた支柱を取り付けるスタッフ。
パラシュートを広げるスタッフ。
大勢のスタッフは、皆テキパキと動き手馴れたのもだ。
そして、広げられたパラシュートの開口部に、インフレーターと呼ばれる強大なエンジン付扇風機で風を送り、
パラシュートを膨らませる。
そしてパラシュートがある程度大きく開いたところで、
横に倒されたバスケットの支柱についている巨大なバーナに点火する。
轟音と共に火柱が上がる。その炎の長さ5m以上。
次々とその熱をパラシュート内に送り込む。
気球がその熱で大きく膨らみ立ち上がってくる。
準備完了、後は離陸許可を待つ。

バルーンは、バスケット内にLPガスのボンベを積んでいる。それを燃料としてバーナーで熱を送り上昇する。
降下方法は、熱が冷めてくると自然に降下する方法と、
パラシュートに排気装置がついておりそれを開口し降下する方法があります。
舵が無い気球。飛ぶ方向はもちろん風任せ。
では、どうやって目的地に行くか?疑問ですよね。
上空に吹く風は、その高さで方向や早さが異なります。
パイロットは、その風を読み高度調節しながら目的地へと飛行させます。
これが熱気球です。
バルーン一式のお値段は何と400万円もするそうです。
その為、多くの人が出資して飛ばされているようです。
-続く-

次々と立ち上がり離陸するバルーン
バルーンフェスタ121103-3213_convert_20121104182525

バルーンには青空が似合います
バルーンフェスタ121103-3359_convert_20121104182546


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真


コメント
この中の・・・
どこかに
うちの長女もいますププッ ( ̄m ̄*)

近いので安心して最終時間までいたら
とんでもなく混んで帰れなくなったらしいです(-_-;)
[2012/11/04 21:59] URL | katabami #1wIl0x2Y [ 編集 ]


katabamiさん、こんばんは。
そうでしたか、夜の会場は暗くて身動きできないぐらいすごい人でした。
女性や子供さんはたいへんだったと思います。
我々は早々に引き上げたので、比較的スムーズに帰途につけました。
[2012/11/04 22:45] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック