FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



オオコノハズク
オオコノハズク20100503-_D8F2211
この写真のオオコノハズクは、広島の我がフィールドで数年前に撮影したのもです。
今回、ふる里ではこのオオコノハズクが二番営巣しました。
内、一番はすでに5羽の雛が巣立ってます。もう一番は現在育雛中とのことでまた賑わうと思います。
このオオコノハズクは普段めったにお目にかかれません。
冬は関東地方でも、都会の公園で越冬したりし、多くの方の目に触れる機会がありました。
一方繁殖期の初夏は、山に戻り洞や巣箱(主にブッポウソウの巣箱に入る)を利用し繁殖します。
ここ広島でも、ブナの節穴や割れ目等で繁殖が見られます。
もちろんブッポウソウ用巣箱にも繁殖してます。スキー場のリフトの角パイブで繁殖したこともあります。
活動は夜中で、なかなか人目につかない。それにあまり鳴かない。
オスはウォッウォッと二声続く(初めて聞くと遠くで犬が鳴いていると思ってしまう)
メスはニャーとかニィー(聞きなれないとまったく気がつかない)と鳴く。
いづれにしろ、夜間なのでいろいろな音の中で聞こえるため聞き取りにくい。
餌は山のアカネズミ、ヒメネズミといった小さなノネズミやカエルです。
昨年はどんぐりが裏作でネズミの繁殖が少なく、
ネズミを主食としているフクロウ類の繁殖は難しかったようです。
雛の数は普通5羽です。
巣立ちしても飛べない小さな鳥なので、カラスやカケスに狙われます。
5羽巣立ちしても立派に成鳥になる固体はごく限られた数しかいません。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック