FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



トラフズク
この固体は色白でやさしい顔つきをしています
トラフズク130310-8568_convert_20130310203818

トラフズクの英名は『Long-eared Owl』。
その名の通り、長い耳を持ったフクロウです。
この鳥は、中部以北では局地的に繁殖しており、
西日本では冬に河川敷や農耕地、山間の林で越冬しているところを見ることが出来ます。
夜行性で、昼間は良く茂った木の中や茂みに身を潜めています。
体の大きさは、フクロウ(50cm)より小さく、コミミズク(38cm)とほぼ同じ大きさです。
しかし、何故かトラフズクの方が大きく見えます。
おそらく頭が大きいからそう見えるのかもしれません。
虹彩はコミミズクの黄色に対しトラフズクはオレンジ色です。
特徴である耳のような大きな羽角、
これは耳の様で耳でありません。いわゆる飾り羽でです。
フクロウの仲間の耳は、顔の縁取り部分の目の横辺りにあり羽毛に覆われて見えません。
左右少し上下にずれており、それで獲物までの距離を測るとされています。

20年ほど前にロボットカメラが捉えた夜間活動中のトラフズク
トラフズク130120-900103_convert_20130310203803


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック