FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



鱗粉が光り輝くミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ130605-1060400_convert_20130606174006

鳥影も少なく、ブナの森は静まり返っていました。
夏鳥は営巣に入ったようです。

『今日はだめか』と、諦めムードで帰途に着く。
昨年、たまたま通りがかった道路の法面にアオスジアゲハが数十頭群がっていたのを思い出した。
そうだ、このまま帰るのももったいない。
ちょっと寄って見よう。

その場所に到着すると、二頭のミヤマカラスアゲハがひらひらとお出迎え。
ここには、道路脇にモルタルで塗られた法面がある。
そのモルタルの割れ目から、少量の水が染み出している。
その水には、ミネラル分が含まれているのだろう。
その、少しの水に蝶たちが吸水にやって来ている。
この道には、多くの法面があるのにここに限って多くの蝶が集まる。
何か理由があるのだろう。
道路の反対側の斜面を見ると、キク科の花に数頭のモンシロチョウが乱舞している。
そこにノアザミ発見。
そのノアザミに、蝶が吸蜜にやって来るに違いないとカメラを移動し待ち構える。
来た!それはミドリヒョウモンと言うオレンジの羽に黒い斑点がある比較的大きな蝶である。
初夏らしい色彩で綺麗だ。

ここに掲載した画像はすべてLumixGH3の動画から切り出した静止画像です。
レンズはCanonNewFD50-300mmF4.5にて撮影。
撮影距離は最短撮影距離の2.5m~3.5mぐらい。
レンズの焦点距離は250mm~300mm(35mm換算500mm~600mm相当)で撮影。
絞りはF5.6~F8ぐらい。
シャッタースピード 1/125固定。

吸水するイチモンジセセリ
イチモンジセセリ130605-1060393_convert_20130606173438

法面で吸水するアカタテハ
アカタテハ130605-1060409_convert_20130606100056

モンシロチョウ
モンシロチョウ130605-1060427_convert_20130606100127

ノアザミに吸蜜するミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン130605-1060420_convert_20130606100041

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック