FC2ブログ

 今月の見出しの写真はハヤブサ(島根県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



諫早遠征
諫早干拓の朝(雲仙普賢岳から朝陽が昇る)
諫早干拓141123-7219_convert_20141125145738

携帯電話に着信があった。
それは、しばらく音信不通だった友人K君からの入電だった。
『えっ、まさか』と、電話に出ると、正にその友人K君からの電話だった。

その友人K君とは、2003年北海道で逢ったきりで電話連絡もしていなかった。
それは、仲が悪かったわけではなく、彼の仕事が忙しくなりお互い転勤で逢えなくなっただけだった。
10年以上逢っていないので、懐かしかった。

その電話は、2年ぶりにマダラチュウヒ(幼鳥)が出ている諫早からの電話だった。
てっきり、マダラチュウヒの写真を撮影しに行っているのかと思ったが、
話を聞いてみると、なんと仕事の関係で諫早に転勤になったという。
『おいでよ、逢ってゆっくり話でもしようよ』
マダラチュウヒ幼鳥は、2年前にその諫早で撮影しているし、
距離もあることなので、『逢いたいね。逢っていろいろ話をしたいね』と、電話を切った。

数日後、愛媛の友人亀さんが『諫早に行こう!!』と、電話してきた。
久しぶりに友人K君にも逢えるし、それならとこの三連休を利用し行くことになった。

まだ、辺りが暗い時間に干拓地に到着。
空が白みかけた頃、聞いていた撮影場所に移動した。
この日の日の出はAM6:55。
AM7:10、朝陽が雲仙普賢岳の東側斜面から顔を見せる。

その数分後、一羽のハイイロチュウヒのメスタイプが、撮影現場近くに飛んできた。
『これか?』、いや頭の後頭部は白くない。
その後、オスのハイイロチュウヒが飛んで来て横切ったが高度が高く空抜け。
待てど待てど、待ち人来たらず状態だ。
それに、カメラマンも三連休なのにやけに少ない。
いやな予感がした。

干拓地の朝霧に朝陽が射す
諫早干拓141123-7224_convert_20141125150422

撮影の目的はこのマダラチュウヒ幼鳥(写真は2012年撮影分です)
マダラチュウヒ121011-0956_convert_20141125145957

朝霧でカントリーエレベターの建物がお城に見える
カントリーエレベーター141123-7348_convert_20141125145850

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック