FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



マダラはマダだ! in ISAHAYA
ハイイロチュウヒ♀141122-7021_convert_20141126174305

諫早干拓には、ハイイロチュウヒを多く見かけることが出来る。

現地に到着し、目的のマダラチュウヒ(幼鳥)を待っていると、一羽のハイイロチュウヒが飛んで来た。
それは、オスのハイイロチュウヒであった。
ただ、高度が高く空抜けのまま通過。
早速、ハイイロチュウヒのオスとは幸先いい感じだ。
結局、この3日間でハイイロチュウヒのオスを見たのはこの一回だけだった
その後、ハイイロチュウヒのメスが3個体ひらひらと飛行するが、
肝心のマダラチュウヒ幼鳥が飛ばない。

しばらくし、地元のカメラマンから、
『20日ぐらいから見られなくなったようだ。どうも抜けたようですよ。』と、嫌なことを聞いた。
毎日見られたこの場所。
時間は、AM10時を過ぎているが一向に現れない。
やはり、抜けたかどこかに移動したようだ。
諦めて、別の野鳥を探そうと広い干拓地を徘徊した。

翌朝、思い切って干拓地の土手の上から撮影してみることにした。
それは、前日土手の上をチュウヒやハイイロチュウヒがよく舞っていたからである。
土手の上に上がれば、猛禽は近くを飛ばないことは判っているが、
この日の干拓地は朝霧に覆われ、視界が悪くなっていたこともあったからである。

AM6:12、朝陽が、雲仙普賢岳の東側から顔を出す。
薄い霧に包まれた干拓地河口は、黄金色に輝いた。
そこに、チュウヒが飛ぶ。
こんな広大な葦原を、チュウヒが飛んでいる光景は、
20数年前に、開発前の阿知須干拓地で見た光景に似ている。

ハイイロチュウヒ♂
ハイイロチュウヒ♂141122-6765_convert_20141126174325

カラスに追われるハイイロチュウヒ♀
ハイイロチュウヒとカラス141122-6881_convert_20141126174352

人間がいない土手沿いに飛ぶハイイロチュウヒ♀
ハイイロチュウヒとカラス141122-6895_convert_20141126174438

朝陽が射す河口をチュウヒが飛ぶ
チュウヒ141123-7250_convert_20141126174201

黄金色に輝く葦原をチュウヒが舞う
チュウヒ141123-7360_convert_20141126174220



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック