FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



クロツラヘラサギ
クロツラヘラサギ
クロツラヘラサギ141205-0253_convert_20141214085905

今日は、ここ広島でも朝からすごい積雪となりました。
辺り一面雪景色。
周辺道路も大渋滞です。
と、言っても私は、一日中家に閉じこもっていました。

さて、航空祭も終わったことで、本来の野鳥の話題と行きましょう。

ここ宮崎に来たもう一つの目的は、もちろん鳥の撮影です。
それは、わざわざ大陸から渡ってこられた大きなマダラワシさんの撮影のためです。
マダラワシ?、そんな名前の鳥はもちろんおりません。
英名を直訳しただけです。
その鳥の紹介は、また後ほど。

その、目的の鳥の撮影で訪れた場所には、カモのほか多くのサギもいました。
そのサギに混じって、クロツラヘラサギの姿がありました。
その数、数十羽。
独特のへらの形のクチバシをが特徴のトキ科の鳥です。
九州には、以前からこのクロツラヘラサギが越冬に飛来していました。
ツルで有名な鹿児島県出水平野に出かけた際も、見かけることがありました。
この鳥の繁殖地は、主に朝鮮半島北西部です。
世界的に見てもその数は少なく、
約2600羽ぐらいと言われ世界的にも絶滅危惧種とされています。
越冬地は台湾が多く、約1600羽が確認されています。
では、日本は?というと2000年以前は100羽を切る数でしたが、
2014年には350羽が越冬のため飛来しているようです。*
近年、お隣の山口県にも飛来するようにもなりました。
*参考:日本野鳥の会世界一斉個体数調査(2014年)より

これは、日本にとっては喜んでいいのかわかりませんが、
本来の越冬地である中国やベトナムといった東南アジアの越冬環境が悪くなったことが原因かもしれないですね。

ここ宮崎に来て、クロツラヘラサギがこんなに近くで撮影出来るとはラッキーでした。

朝焼けの光りの中で
クロツラヘラサギ141205-9537_convert_20141214085928

急降下で徐々に近づいてきます
クロツラヘラサギ141205-9562_convert_20141214100339

タッチ&ゴー
クロツラヘラサギ141205-9663_convert_20141214085957

もうちょっとでフレームアウトです
クロツラヘラサギ141205-9619_convert_20141214183816

仲のいい2羽でした
クロツラヘラサギ141205-9771_convert_20141214090033

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック