FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



本物のイーグル
Graeater Spotted Eagle Jr
カラフトワシ141205-0496_convert_20141214195622

ここ、宮崎に来たもう一つの目的はこの大きな鳥。
その名は、”カラフトワシ”。
1年目の幼鳥のようです。

幼鳥といえど、ワシです。
この鳥は、全長約70cm、翼開長約170cmと、
イヌワシ(全長約85cm、翼開長約190cm)より少し小さなワシです。
繁殖地は、ヨーロッパ東部からロシア南東部。
冬には、インドや中国南部に南下し越冬する。
この鳥の食性は、小型哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類です。
動物の死骸なども食べます。
ここでは、オオバンを獲っていたようです。
今回撮影したのは、幼鳥で肩羽や雨覆には白い班がありますが、
成鳥は全身黒褐色になります。
そのため、幼鳥の方が綺麗に見えます。

この鳥は、鹿児島県の薩摩川内市に20年間にわたり飛来していましたが、
残念なことに2011年を最後に来なくなりました。
私にとっては、この鳥を撮影するのは18年ぶりとなります。

イヌワシもそうでしたが、こんな大きな鳥はなかなか飛びません。
対岸の木に、数時間も止まったままということもあります。
中洲にあるアシ原の中に、狩りで得た獲物を隠してあるのでしょう。
そこから飛び出したとき、ソノウが膨れていました。
遠路はるばる来た甲斐がありました。
逢えてよかった。
毎年、この地に戻ってきて欲しいですね。

現地でお会いした、宮崎県の”シロツラヘラサギさんことTさん”、楽しいお話ありがとうございました。
お帰りになって、自分のお茶碗はまだありましたか?
また、どこかでお会いした際もよろしくお願いいたします。
充実した4泊5日、1100kmの一人旅でした。

*被写体までの距離も相当あるためこれらの画像が極端なトリミングをして掲載しております。

1996年1月に薩摩川内市で撮影した個体です(フィルムからのデジタル画像)
カラフトワシ960114-001_convert_20141214195842

幼鳥の背中には白い部分が目立ちます
カラフトワシ141205-0508_convert_20141214195636

カラス達のいい遊び相手です
カラフトワシ141205-0749_convert_20141214195733

カラスが恐々モビングする姿が面白いです
カラフトワシ141205-0780_convert_20141214195748

ワシらしい精悍な姿です
カラフトワシ141205-0519_convert_20141214195720

近づいてきたミサゴに襲いかかるカラフトワシ
カラフトワシ141205-0219_convert_20141214195606

大きくともこんなことも出来ます
カラフトワシ141205-0210_convert_20141214195551

河口にある入り江で狩りをします
カラフトワシ141205-0515_convert_20141214204343

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント
はじめまして。
また拝見させてくださいね。
[2015/01/05 07:41] URL | 優 #- [ 編集 ]


優さん、訪問ありがとうございます。
野鳥の話題を中心に、いろいろな被写体を撮影しています。
また、のぞきに来てくださいね。
[2015/01/05 18:17] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック