FC2ブログ

 今月の見出しの写真はハヤブサ(島根県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



オシロスコープ
デジタルオシロスコープ1232_convert_20150122201023

このところ、家庭の事情で自由に動き回れません。
つまらない記事ばかり続いて、申し訳ありません。
決して、体調が悪いわけではありません。
夫婦ともども元気にしています。

秋月電子の焦電赤外線センサーを、高感度にするため必要なツールがこのオシロスコープです。

オシロスコープとは、電気信号の波形を見る道具です。
これとは別に、テスターという物がありますが、これは信号の波形は見ることが出来ませんが、
電圧を測定したり抵抗値を測定したりする道具です。

私は、テスターは持っていますがオシロスコープまでは持っていません。
私が、昔会社使っていたオシロスコープは、
ブラウン管に信号波形を表示するため大きく高価なのもでした。
昔のコンピュータは、故障したとき、このオシロスコープで信号を追いかけ、
故障した電子部品を見つけ修理していました。
最近は、すべて基板交換で対応します。
エンジニアも、このようなオシロスコープを使える方も少なくなったと思います。

最近、このオシロスコープの値段を調べると、
¥100,000以下で購入できるデジタルオシロスコープと呼ばれるものが出回っていました。
10万円以下といえど、私にとっては非常に高価です。
電子工作を趣味にされている方や、無線をされている方は、
個人でも結構高価なオシロスコープをお持ちです。

そこで見つけたのが、このサインスマートDDS-120という代物。
USBでパソコンに接続し、パソコンの画面で波形が見れる簡易オシロスコープでした。
1万円を切る価格でも、立派なプローブ
(オシロスコープに信号を入力するケーブルのことです。上記写真の左のケーブル2本がプローブです)も付いています。
チョットした波形や、信号の変化を見るだけの私には、
これで十分と、早速購入しました。
こんなのが、あるとはいい時代です。
これで、センサーの波形やオペアンプの出力が見れます。
早速、波形を見ながらオペアンプの勉強です。

今回購入のオシロスコープはパソコンの画面にこのような波形を表示させることが出来ます。
デジタルオシロ_convert_20150122201000

テーマ:デジタル家電・AV機器 - ジャンル:趣味・実用


コメント

ブラウン管のオシロ…懐かしいです。
記録を残すのに、フードをつけて写真撮影してたころもあったのを思い出しました。
今はなんでもデジタルになりましたね~
[2015/01/27 23:28] URL | ともべい #- [ 編集 ]


ともべいさんもブラウン管オシロご存知でしたか。
そうですね。カメラも当時はポラロイドでした。
デジタル機器の進化はすごいものがありますね。
その内、ついていけなくなる時代が来るかも・・・
[2015/01/28 08:12] URL | やっさん #- [ 編集 ]


へ~こんなお品物があるんですね~
少し大きめの業務用の物しか想像できませんでした。
[2015/01/31 06:51] URL | LTA #bKQRleYY [ 編集 ]


LTAさん、何でもデジタル化されますね。
ここ、10年足らずでアナログからデジタルへの進化は
目をみはるものがあります。
いい時代ですね。
[2015/01/31 19:03] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック