FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



ブッポウソウ
カナブンを捕らえたブッポウソウ
ブッポウソウ160711-5671_convert_20160713081324

この時期はブッポウソウの子育て時期です。
我がフィールドでも、何つがいかが巣箱で繁殖活動中でした。

ブッポウソウは、飛んでいる昆虫を空中で捕獲します。
あの大きな目で、遠く離れた獲物を確認しフライングキャッチで捕らえます。
それはトンボ、チョウ、バッタ、セミ、カナブン、カブトムシ、クワガタムシなどです。
それらの昆虫でも、カナブンやカブトムシ、クワガタといった甲虫類は堅い殻に覆われています。
ブッポウソウはその堅い殻を、プルタブや陶器の破片、貝殻といった堅いものを飲み込み、
砂のうですりつぶすと言われています。
(それらのすりつぶし器はペリットとして吐き出しますのでご心配なく)
しかし、最近の缶はプルタブが外れないよう工夫されており、
それを利用していたブッポウソウは、プルタブ外れなくなった今、どうしているのでしょう。
プルタブが作られたのは近年です。
それ以前から生息するブッポウソウです。
こんなことにはめげません。

下の写真が、ブッポウソウが祖先から引き継がれた”先祖代々のすりつぶし器?”をくわえた写真です。
撮影しているときはわからなかったですが、
くちばしには、カタツムリの殻か巻貝のようなものをくわえています。
これを、砕きヒナたちに与えます。

何やら大きな丸い形状の物をくわえています
ブッポウソウ160711-5729_convert_20160713081346

カタツムリの殻をくわえヒナに運んでいました
ブッポウソウ160711-5734_convert_20160713081403

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック