FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



ヒヨドリの渡り 恐怖の移動
群れになって渡るヒヨドリたち
ヒヨドリの群れ20171004-1522_convert_20171016114251

今年は、秋雨前線の停滞でお天気が悪い日が続きます。
せっかく楽しみにしていたヒヨドリの渡り撮影ができません。
いい季節なのに残念です。

私が大阪で野鳥撮影していた頃、”ヒヨドリの渡り”を意識したことはなかったです。
しかし、私が山口に転勤したとき、数十羽から数百羽のといった群れで度々ヒヨドリが通過するのを見て、
『ヒヨドリが渡っているんだ。』と、実感したのを思い出します。

ヒヨドリの中には渡らずにその場にとどまり冬を迎えるものもいます。
どうして渡るものと渡らないものがいるのか?
今でも疑問です。

ヒヨドリは、全国各地で見られ、この時期には北海道から本州にも渡ります。
全国各地で西を目指す群れを見ることがあります。
そして、大きな河口や海峡を渡る際、大きな群れとなり渡っていきます。
そこには、天敵であるハヤブサやタカが待ち受けているのです。

そのヒヨドリたち、行くとろ行くところにハヤブサやタカの襲撃を受け、命からがら移動していきます。
中には命を落とす仲間もいます。
それらの犠牲の上に、彼らの”渡り”ができるのです。

撮影していて、時折目の前を必死に逃げ帰るヒヨドリたちが通過していきます。
その時の彼らは、死にもの狂いで通過していきます。
今にも命を落とすかもしれないという、切迫した状況を少しでも写真に残せたらと、撮影に挑んでいます。

行くか?戻るか?彼らの葛藤を感じる一瞬です
ヒヨドリの群れ20171004-5103_convert_20171016114335

ハヤブサに追われ一早く林に逃げ込もうとするヒヨドリたち
ヒヨドリの群れ20171008-2177_convert_20171016114427

林周辺を逃げ惑うヒヨドリたち
ヒヨドリの群れ20171008-2191_convert_20171016114515

この日のヒヨドリはすごい数でした
ヒヨドリの群れ20171008-2127_convert_20171017173302

後方より迫り来るハヤブサに急降下する群れ
ヒヨドリの群れ20171004-1453_convert_20171016114158

飛んでいる横にはハヤブサが狙っています
ヒヨドリの群れ20171008-2425_convert_20171017084533

我先にと必死で対岸を目指すヒヨドリたち
ヒヨドリの群れ20171008-2119_convert_20171017173856

椹野川河口を行くヒヨドリたち
ヒヨドリの群れ20171004-5173_convert_20171017090733

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック