FC2ブログ

 今月の見出しの写真はアマサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



最新コメント



FC2カウンター



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN FE レンズ
Sony α7Ⅲ+SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN FE


いよいよ待ちに待った”ラグビーワールドカップ2019”が昨夜開幕しました。
強くなった日本チームの活躍に期待したいですね。

先日のアカソバと天の川撮影で使用したレンズは、SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN という広角ズームです。
このレンズは、8月23日発売の最新のソニーαマウントの広角ズームレンズです。

Sony純正もいいが、このところのSIGMAのレンズは純正に引けを取らない性能です。
SIGAMが”星景写真用レンズの決定版”と歌っている以上、高品質なレンズだと期待してました。
今まで、星撮り用レンズはCanon用のTAMRON SP15-30mm F2.8を使ってきました。
このレンズも、星撮用には定評があります。
しかし、大きい、重いがちょっといただけない点でした。
今回のSIGMA 14-24mm F2.8 DG DN FEは大きさも小さく、重さも20%以上軽くなり比較的コンパクトに作られています。

8月23日の発売日に手に入れましたが、
西日本の秋雨前線の停滞とかで、なかなか星撮りに行けなくて評価できない日が続きました。
そして、9月19日やっとこのレンズが使える日がやって来ました。

その性能は・・・
描写力は中央はもちろん周辺部まで高い描写力です。
驚いたのは、広角レンズではなかなか補正できない周辺部のコマ収差ですが、
このレンズは見事に補正されています。
このコマ収差は、画面の周辺部に現れ星などの点光源が三角形のようないびつな形になる収差です。
以前使っていたTAMROMのレンズも思いっきり出ていました。
しかし、今回のSIGMAのレンズは皆無と言っていいほど綺麗に補正され、
色収差はもちろん各収差も抑えられた素晴らしいズームレンズでした。
これからの、星野写真や風景写真で活躍するでしょう。

  *今回撮影した天の川の画像はLEEのソフトフィルターNo3を入れて撮影したため、
    各星に若干のにじみが出ていますが、それは色収差のにじみではなくソフトフィルターのにじみです。

以前使っていたTAMRON SP15-30mm F2.8 (右側)とSIGMA 14-24mm F2.8 DG DN FE(左側)
SIGMA14-24mm_vs_TAMRON_SP15-30190824-6083_convert_20190920131828.jpg

TAMRON SP15-30mm F2.8で撮影した天の川
2019/5/15撮影
TAMRON_SP15-30mm180515-9429_convert_20190920130614.jpg

上の写真の右上隅100%拡大画像
*レンズの収差で星が三角形になっています
TAMRON_SP15-30mm_コマ収差180515-_convert_20190920130629

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN FEで撮影した天の川
2019/9/19撮影
SIGMA14-24mm190919-712142_convert_20190920131941.jpg

上の写真の右上隅100%拡大画像
*TAMRONのようなコマ収差は見られません
SIGMA14-24mm 右上隅190919-_convert_20190920131840

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック